特許取引サービス

特許の買収/売却を自信を持って行う

テックインサイツは特許の買収・売却取引を体系化する国際的な経験を有し、クライアント企業のポートフォリオ開発の目的を実現します。

特許取引サービスでは、優れた技術リソースと特許収益化の知識へのアクセスをご提供し、主要なグローバル技術の中心にいる見識あるスタッフがサポートを行います。

テックインサイツは質の高いポートフォリオと真剣なバイヤーをつなぐ役割も果たし、日常的に世界各地で接触している多数の特許保有企業のなかから売却先となりうる企業を見い出すサポートも行います。

質の高い侵害証拠により傑出した存在

高収益製品の特許発明の侵害証拠書類の作成は、あらゆるポートフォリオにおいてバイヤーの関心を引き、取引をまとめる際に極めて重要です。

特許に特化したエンジニアリングチーム、合併した Chipworks によるデータも含む広範な技術解析ライブラリを活用して高価値特許の特定や侵害証拠の発見をサポートし、取引成功の可能性を広げます。

この侵害証拠の手法は、収益化プログラムではリスク回避、買収時には特許価値の確立に役立ちます。

特許売却の収益を最大化

テックインサイツの特許取引サービスは、特許のバイヤーを探す際に直面する課題に対応するために整備されています。

企業や法務関連の国際的なネットワークと、実績あるプラットフォームやプロセスによって、質の高いポートフォリオと真剣なバイヤーを結びつけます。

テックインサイツは売却対象の特許の有用性について独立した立場で見解を提供します。また、プロフェッショナルなマーケティングパッケージを作成します。エンジニアリングチームは手数料ベースに基づき、見込みのあるバイヤーに明確にポートフォリオの価値を示せる侵害証拠を提供します。

ポートフォリオの価値を引き出す

収益化に向けてポートフォリオの価値の高い部分を把握することは難しく、多くの場合その特許の保有企業の経験値や市場認識を超えています。

テックインサイツの特許取引サービスは、特許取引市場と日常的に接触しており、バイヤーが求めている特許や関心を集めている新しい技術に関する豊富なデータを提供しています。

ポートフォリオで価値の高い部分を探し、売却の利益を最大化することは、テックインサイツがこれまで多くの特許保有企業に対して達成を支援してきた目標といえます。このサポートによって、特許保有企業は市場に価値あるポートフォリオを売りに出すことができます。

特許買収によるポートフォリオの強化

時間が最優先される場合は、時間のかかる特許申請プロセスを避け、第三者の質の高い特許を購入して迅速に戦略的な知財の位置付けを確立する方法を選択します。

テックインサイツの特許買収の適正評価サービスでは、特許ランドスケープを活用しつつ、各分野のエキスパートが独自の社内ツールとサードパーティのデータ解析ツールを併用して作業します。ポートフォリオの不足部分を特定し、市場において価値の高い特許を探します。

幅広い技術分野にわたる、事前に選別されたポートフォリオの大規模なプールにアクセスし、独自の検索ツールと特許マッチングツールを使用して必要な情報を素早く見つけます。

特許買収プロセスのサポート

購入準備が整っている場合、テックインサイツはバイヤー代理プログラムによってお客様の買収プロセスを支援します。

テックインサイツは、お客様の関心対象の特許を積極的に探し、広いネットワークを基に保有者への申し入れを行うことができます。さらにお客様に代わって特許資産の購入について交渉することもできます。

特許の買収業務は全て匿名で行うことも可能です。これによって売却側の候補には、クライアントの規模や水準とは無関係に中立的な買収の提案がなされます。

買収と契約締結を管理できるため、買収資産の管轄をクライアントの組織または特許保有団体にすることもできます。

M&A の適正評価

合併、買収後を無難に乗り切る態勢を整えるため、特許の適正評価を行います。

企業 (または事業部門) 買収の妥当性を、対象企業の保有する特許ポートフォリオを自社のそれと比較する総合的なアセスメントにより評価します。

ポートフォリオと解析と重ね合わせることで、自社の知財戦略計画に買収対象のポートフォリオや企業がどうフィットするか、深く理解できるようになります。

購入すべき高価値の特許を見極め、必要かつ期待する全ての資産が M&A の取引に含まれるかどうか二重確認します。

クライアントがテックインサイツの特許取引サービスを貴重と考える理由

テックインサイツは、30 年近く特許や技術の解析を行ってきました。

広い範囲の技術分野にわたって技術と特許クレームをマッチングするノウハウを有し、そのことが特許資産の売却を望む組織の支援を可能にしています。

また、テックインサイツは北米、アジア、日本、ヨーロッパにある主要技術センターに人員を配置しています。各地域と言語に精通し、その特許コミュニティからも認識されているスタッフがサポートを行います。

ケーススタディ

特許買収の適性評価 – 半導体プロセスとファブの装置の場合

テックインサイツには幅広い分野の技術と特許クレームをマッチングするノウハウがあり、これによって特許資産の売却を望む組織の支援が実現しています。

a. 目標:

売却オファーを受けた 2,000 件の特許から成るポートフォリオが、クライアントの今後のライセンス交渉において価値を提示する特許を含むかどうか判断する

b. 課題:

買収の決断をするには時間が短く、効率性の高い解析が必要

c. 解決策:

i) 独自のテキストマイニングツールを使用して、特定の技術グループに特許を割り当てる
ii) 社内解析を使用して、競合のプロセスやデバイスの特徴を把握する
iii) 競合製品に対する関連性に基づき、各特許グループに優先順位を付ける
iv) 最も優先順位の高い特許グループにその分野のエキスパートを配置し、さらにポートフォリオに迅速に優先順位を付け、将来性の高い特許のみに焦点を絞る
v) オファーされた特許の 25% 以下に対して対面式のレビューに基づき、最終的な推奨案を提示する