侵害証拠

特許の価値を提示

侵害証拠の発見はテックインサイツのビジネスの基盤であり、これはクライアントの成功にとって極めて重要なものです。テックインサイツが持つ、現在のテクノロジーベースの部品やシステム製品に関する解析力で下記などが実現します。

製品に採用されている技術に関する詳細な証拠の収集

製品への特許のマッピング

ライセンス交渉で優位な立場を確立

買収と売却を目的とした特許の評価

製品の内側を解き明かすノウハウ

半導体、電子機器、ソフトウェアのエンジニアによるテックインサイツの社内チームは、複雑なプロジェクトをサポートし、お客様のニーズにお応えします。

テックインサイツでは、最先端の装置や各分野に特化したエンジニアチームに大規模な投資を行っており、システムを極めて微細なレベルまで解析することが可能です。

技術解析ライブラリのアーカイブ、Inside Technology や Teardown.com といったデザインウィン情報のサービスは侵害証拠を明らかにするコスト効率の良い選択肢です。

困難なプロジェクトにおいても、テックインサイツは社内のスペシャリストのスキルを組み合わせ、以前は成しえなかったレベルの知財サポートを 1 社で実現しています。

信頼できる解析と資料

テックインサイツは、事実に基づく意思決定を自信を持って迅速に行うために必要な情報をお客様に提供し、明確に特許の価値を実証します。
テックインサイツのサービス:

  • 業界で評価の高いクレーム解析
  • 堅牢な書類管理と厳格な利害対立ポリシー
  • 調査を実施した解析チームによる納品後サポート
  • 25 年以上にわたる侵害証拠の文書化の実績
  • 近年合併した Chipworks の資産も統合した広範な技術解析ライブラリ

特許ポートフォリオ収益化: 2018 年以降の企業の主な検討事項

世界中の企業が知的財産 (IP: Intellectual Property) を、収益化の取引や体系化によって財務および戦略上の重要な価値を生み出す、極めて貴重な資産と捉えています。しかし、特許保有企業にとって、特許ポートフォリオの価値の判断は、知財環境の複雑さが増しているため、常に悩ましい課題です。

その背景にある機会と不確実性の両方が大きいため、企業は、収益の最大化と将来の損失やリスクを低減するための強固な特許ポートフォリオ管理戦略を策定し、実施する必要があります。

このネット配信では、優れたプロフェッショナルならびにソートリーダーが、特許保有企業や個人に対し、この難題の重要な側面を理解できるようサポートします。また、特許ポートフォリオの収益化にまつわる重要な問題について詳細に解説し、特許の質向上、効果的なポートフォリオ収益化プログラムの策定と実施におけるベストプラクティスについて討議します。

主な内容:

  • 現在の特許ポートフォリオと収益化の傾向
  • リスクと陥りやすい問題
  • 事業上、法務上、その他の検討事項
  • 特許評価のベストプラクティス
  • 最新の規制策定の影響

特許ポートフォリオ収益化: 2018 年以降の企業の主な検討事項

主要な技術系企業からの信頼

テックインサイツのエンジニアは、特許クレームの構成要素がどのように特定の技術と対応するかを理解し、明確に実証します。

社内にリバースエンジニアリングのラボがあり、複雑な解析をサポートし、お客様のチームを補完します。

カスタマイズした解析アプローチと段階的な目標によって、投資の効率を最大化し、プロジェクトのリスクを管理します。

「テックインサイツに依頼しなければ、弊社の訴訟はもっと不利になっていたでしょう。テックインサイツは信頼できる第三者による解析を提示してくれました。これこそ訴訟を行う上で必要なものです。この解析について、私もクライアントも非常に満足しています」 - 特許訴訟シニアパートナー

高度なリバースエンジニアリング能力

テックインサイツの具体的な技術力、実施する解析例の詳細につきましては、下のリンクをクリックしてご覧ください。

  • プロセス/構造解析
  • 回路解析
  • システム解析
  • ソフトウェア解析

「テックインサイツに単純な仕事を依頼はしません。依頼する仕事は、社内で処理できない作業です。テックインサイツは、かつて弊社の知財戦略には入っていなかった一連のシステム特許について、収益化の可能性を検証するサポートを提供してくれました。現在は、ライセンス収益を半導体業界以外からも得られています」 - 知財グループディレクター