特許ランドスケープ

意思決定のための知識

特許ランドスケープでは、各用途、技術分野、司法管轄地域ごとに特許活動の総合的な概観を提示します。

テックインサイツでは、お客様のご要望や予算、予定に応じた幅広いランドスケープソリューションを取り揃えています。
理解できること:

自社の現在と将来の競合状況

新たなイノベーションの好機となる「ホワイトスペース」ギャップ

価値の高い買収候補の特許や戦略的パートナーとなりうる企業

調査、データ収集、解釈におけるエキスパート

テックインサイツの特許ランドスケープチームは、お客様のアプリケーション、技術、ビジネス要件に基づくカスタマイズされた分類法を策定します。

特許解析の実績と幅広い技術分野の経験によって、他社では見落とされがちなトレンドの把握も可能にしています。

テックインサイツが独自の洞察と明瞭性を提示することで、お客様には解析の解釈よりもその活用に集中していただけるようになります。

あらゆる専門的な作業を 1 社で提供

テックインサイツは多くの技術分野の知識、およびそれらの使用に関する技術的知識を社内に所有しています。

特許ランドスケープチームは、技術解析ライブラリ、およびライセンス供与と訴訟を支援してきた経験に支えられています。

また、解析チームは、 特許のサポート性、有効性、業界での使用についてよく理解しています。いずれも、特許の価値を証明してきた経験を活用し、ランドスケープにある質の高い特許を判別していきます。

ランドスケープ作業による発見に基づいてフォローアップを行い、戦術/戦略目標を達成していきます。

確かな証拠に裏付けられた実行可能な提言

お客様には全て、独自の調査対象があります。テックインサイツはお客様の目的の理解に努め、個別のニーズに応えるためにランドスケープ解析を策定します。

自動解析や独自解析、人間の知能を組み合わせて活用し、背景に沿った求められる結果を提供します。

お客様の貴重な時間を念頭に、既製のランドスケープレポートではなく、すぐに使用できる実行可能な情報の提供を専業としています。

時間がない…
テックインサイツの知財分析ソリューションが必要情報を提供します

大規模な特許ポートフォリオの迅速かつ正確な解析のために、テックインサイツの知財分析ソリューションでは最先端の特許ランドスケープツールと独自の特許分類の専門知識を組み合わせます。

詳細なクラスターマップがあらゆるポートフォリオを単一のグラフィックとして表示し、高度な分類データセットが各特許をインテリジェントなテクノロジー分野別に振り分けます。

お客様は迅速で、正確な見通しが得られるため、知財に関する情報に基づく意思決定が行えます。

特許ポートフォリオの管理: 2018 年のベストプラクティス

この Knowledge Group によるネット配信では、各ソートリーダーとプロフェッショナルが、特許ポートフォリオ管理の基礎となる詳細な解析の概要を視聴者に解説します。また、特許ポートフォリオ管理における最新の傾向と進展の示唆するところをわかりやすく説明し、その効果的かつ効率的な実践方法について、現実的な助言を行います。また、基礎的な情報の提供だけでなく、リスクや法務上の陥りやすい問題を避けつつ、特許ポートフォリオから収益と機会を最大化するためのベストプラクティスや戦略についても解説します。

主な内容:

  • 特許ポートフォリオの管理: 実行可能な助言と戦略
  • 2018 年の重要問題と傾向
  • 機会と、法務上の陥りやすい問題
  • よくあるリスクと陥りやすい問題
  • 将来何が起きるか

特許主導による意思決定の実現

  • IoT チップセットに進出を図るファウンドリ企業は、IoT コネクティビティ/センサー関連の知財を理解したいと考えました。
  • ある医療機器企業は、主要な競合企業のひとつについて、過去の特許申請と特許取得済みの技術機能の商用製品への導入に基づくロードマップに対する洞察を必要としていました。
  • 大規模な通信関連特許ポートフォリオを保有する大手 IT 企業は、購入を検討しそうな企業の特定を、過去 3 年間に関連性の高い特許を購入した企業の情報に基づき、実行したいと考えました。
  • 資金力の豊かな環境発電のスタートアップ企業は、競合ソリューションの特許ランドスケープを理解し、追加融資の入札で競争上の優位性を確かなものにしようとしていました。

Microsoft Azure IP Advantage ポートフォリオの例

Microsoft は先頃、特許侵害訴訟への防衛策として、クラウドベースのクライアントに対し、新しいサービスを開始しました。テックインサイツは、この Azure IP Advantage プログラムを通じて Microsoft のクライアントに提供される特許に、早い段階でアクセスを得ました。テックインサイツは独自知財分析能力を活用し、Microsoft のポートフォリオのいくつかの重要な指標を評価し、同社の大手競合の一部のポートフォリオと比較しました。

調査の内容:

  • Microsoft のポートフォリオ全体がカバーする内容との違い
  • それらの特許は業界で使用されているか
  • 他のクラウド企業と比較して、Azure IP Advantage ポートフォリオの革新技術はどうか

Microsoft Azure IP Advantage ポートフォリオの例